1.申告書の受付について

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、所得税(国税)などの申告・納付期限が延長されました。

 ⇒ 所得税の確定申告(還付申告など)は、石見大田税務署、または電子申告(イータックス:e-Tax)で申告してください。

    国税の電子申告・納税については
     e-Taxのホームページ(http://www.e-tax.nta.go.jp/)をご覧ください。

 

 ⇒ 市民税県民税申告(個人住民税)は、市役所税務課(1階)、各支所で申告相談・受付します。

   ※ 市役所4階での申告相談会は、令和2年3月16日(月)で終了しました。

  (所得税の確定申告書を提出されたかたは、市民税県民税の申告をしたとみなされます。
   改めて市民税県民税申告の手続きは不要です。
  (ただし、配当所得など、所得税と異なる課税方式を希望される場合を除きます))

 

2.令和2年度 市民税県民税 税額決定通知、課税証明書(所得証明書)について

 申告期限内(令和2年2月17日~3月16日まで)に申告をされた場合でも、所得税の確定申告期限が延長されたことによって、

 申告された内容の反映が、令和2年度市民税県民税 課税証明書(所得証明書)や 税額決定通知に間に合わない場合があります

 確認が取れしだい、反映して参りますのでご理解をお願いいたします。

 

3.法人市民税の申告期限および納付期限の延長について

 新型コロナウィルス感染症の影響により、やむを得ず、期限までに申告・納付ができない場合は、その期限を延長することができます。

 申告・納付期限の延長申請をする場合は、次の書類を提出してください。なお、申告書の提出が可能となりましたら、すみやかに申告書の提出をお願いします。

 

【窓口・郵送提出の場合】

(1) 申告等に関する期限の延長申請書

(以下の「法人市民税申告、納付期限延長申請書」ワードもしくはPDFファイルをダウンロードしてください)

 ※ なお、法人市民税の確定等申告書の右上余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載して
  申告書を提出された場合も延長申請したとみなし、取り扱います。

(2) 添付書類:法人税(国税)の申告・納付期限を延長申請したことがわかる書類

(例)
・所管の税務署に提出された「災害による申告、納付等の期限延長申請書」の写し
・期限を延長した法人税(国税)申告書の写し
・期限延長を申請した電子申告(e-Tax)のメッセージボックス一覧の受信メッセージ、メール詳細画面の写し

 

【電子申告(eLTAX)提出の場合】

(1)法人市民税の確定等申告書

 ※ 法人名または所在地を記載した後、続けて「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力してください。

(2) 添付書類:法人税(国税)の申告・納付期限を延長申請したことがわかる書類(郵送可)。

(例)
・所管の税務署に提出された「災害による申告、納付等の期限延長申請書」の写し
・期限を延長した法人税(国税)申告書の写し
・期限延長を申請した電子申告(e-Tax)のメッセージボックス一覧の受信メッセージ、メール詳細画面の写し

 

【申請書様式】   

wordファイル「法人市民税申告、納付期限延長申請書」をダウンロードする(DOCX:14kB)

pdfファイル「法人市民税申告、納付期限延長申請書(PDF)」をダウンロードする(PDF:63kB)

 

※ お使いのパソコンの環境やソフトのバージョンによって、Wordファイルが正しく表示されない恐れがあります。
 正しく表示されなかった場合には、大変ご不便をお掛けしますが、PDFファイルをご利用いただくか、
 税務課までお問い合わせいただければ、郵送も致します。

 

(参考)
国税庁ホームページ 法人税等の期限延長手続きについては、以下のリンクからご覧ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/pdf/0020004-044.pdf