講演会「井戸公碑をたずねて」の開催について

岡山県笠岡市と友好都市縁組を結んで30周年を迎えます。

これは江戸時代、飢饉に苦しむ人々をサツマイモで救った井戸平左衛門公が大森と笠岡の地で代官を務めていたことが縁となり、平成2年4月より友好都市縁組を結んでいます。

今回の講演会では「いも代官」として名高い、井戸平左衛門公の功績やその功績を称えて人々が建てた頌徳碑(しょうとくひ)に関する講演会です。

 

講師

 大田市文化協会会長 石賀 了 氏

開催日時

 令和2年10月10日(土) 講演会:10:30~11:30

               展示会: 9:30~15:00

場所

 講演会:大田市民会館1階 中ホール

 展示会:   同上    展示室

講演内容

 井戸平左衛門公の功績、中国地方4県に500基以上ある頌徳碑のお話 など

展示について

 ◆市内にある井戸平左衛門公の頌徳碑パネル展示

 ◆岡山県笠岡市の観光パンフレットやポスター展示

参加について  

 事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

 新型コロナウイルス感染予防のため、以下のことにご協力をお願いします。

  ◆講演会、展示会へお越しの際は、マスクの着用にご協力をお願いします。

  ◆手指消毒、検温にご協力をお願いします。(展示会場では検温しません)

  ◆当日は参加者名簿を作成したします。(講演会場内の座席に用紙が置いてありますので、代表者氏名、連絡先、ご家族の人数をご記入お願いします)