本日、大田市内在住の方1名の、新型コロナウイルス感染症患者が確認されたとの島根県の発表がありました。
 先日12日に発表した市内3例目(県内292例目)に関連した健康調査を実施した結果により確認されたもので、市内4例目(県内293例目)の新型コロナウイルス感染症患者の確認となります。

◆患者に関する主な情報

 患者さんの情報、発症および感染確認の経過、検査以前の行動歴につきましては、島根県からの発表のとおりですが、概要としては次のとおりです。

 ・この患者さんは、市内3例目(県内292例目)の患者さんの同居の方です。
 ・患者さんは、現在まで症状はありません。
 ・患者さんは、昨日12日、感染症対策を講じた医療機関に入院されています。
 ・患者さんは、検体採取日の14日前までに、県外への移動歴があります。
 ・移動の目的については、市内3例目(県内292例目)の患者さんと同じく、不要不急のものではない、やむを得ない用件での往来であったことを確認しています。
 ・この患者さんから感染するおそれがある接触者については、日常生活での接触はありますが、特定できており、接触者の検査での陰性を確認しています。
  保健所から連絡がない方については、この患者さんから感染のおそれはありませんので、ご安心ください。

◆今後の大田市の対応

 ・市役所庁舎のほか、学校や保育園等の市の施設におきましては、昨日からと変わらず、平常どおり対応いたします。
 ・市の施設につきましては、感染予防対策の徹底について、既に指示しましたところです。
 ・現在、市の健康増進課内に設置しております相談窓口(電話番号0854-83-8184)につきましては、引き続き当面の間、休日を含め相談対応することといたします。

◆市民のみなさまの冷静な対応へのお願い

 ・市としましては、県による感染源の調査への協力や感染拡大防止の徹底に、全力で取り組んでまいります。
 ・また、感染拡大防止のために、その都度、正確な情報を発信してまいりますので、正しい情報に基づき、引き続き冷静な行動と、感染拡大防止へのご協力をお願いいたします。
 ・現在県では、感染のおそれが高い濃厚接触者だけでなく、感染拡大を未然に防止するために、必要に応じて、接触があった方などに幅広く検査を実施しています。
 ・そのため、検査を受けたということだけで、出勤、登園、登校をしないように求めること、ましてや、検査を受けた方のご家族など、関係者までに、そうしたことを求めることは、過剰な対応となりますので、控えていただきますようお願いいたします。

◆人権への配慮のお願い

 ・新型コロナウイルス感染症は、誰でも感染する可能性があります。個人を特定する行為や、感染者への誹謗中傷が広がると、今後、保健所への情報提供や、感染や症状を名乗り出ることを控えるなどの悪影響が生じ、ひいてはより広い感染拡大に繋がりかねません。
 ・心無い誹謗中傷や差別などの不適切な対応はもとよりですが、たとえ、自分や周囲の人の感染を避けようとするための善意であっても、個人を特定する行為や、本当かどうか分からない噂話を広げることは、感染拡大防止への悪影響となります。
 ・重ねてとはなりますが、市としましても、感染拡大の防止に必要な情報は、その都度、発信してまいりますので、市民のみなさまには、冷静な行動と人権への配慮をお願いいたします。

◆感染防止対策のお願い

 ・市民のみなさまにおかれましては、引き続き、「三つの密」の回避、人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗いなど、基本的な感染防止対策に継続して取り組んでいただきますよう、お願い申し上げます。
 ・かかりつけ医がいない場合や、受診を迷われる場合は、島根県が設置しています新型コロナウイルス感染症健康相談コールセンター(電話番号0854-84-9810)にご相談ください。
 ・また、一般的な相談については、市の健康増進課の相談窓口(電話番号0854-83-8184)もご活用ください。

以上、よろしくお願いいたします。