対象

当面の間は、現に海外渡航の予定がある方のみを交付の対象としています。

 海外渡航のため、渡航先での証明書が必要になる人のうち

(1)大田市の接種券を使用し接種した人

(2)医療従事者など接種券付き予診票を使用し接種した人で、接種時点で大田市に住所があった人

 ※相手国による防疫措置の緩和が受けられる理由により、本証明書を必要とする場合に発行します。

  証明書の諸外国での受け入れ状況については、外務省ホームページ(外部サイト)をご確認ください。

 ※海外渡航の予定のない方で、接種記録を必要とされる場合は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用ください。紛失等により、接種済証明書の発行を希望される方は、こちら(外部リンク) をご確認ください。

 ※1回目の接種後に転居された場合など、1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村に申請する必要があります。

発行手数料

無料です。ただし、接種証明書の送付にかかる郵送代は申請者がご負担ください。

申請方法

下記の必要書類を準備いただき、健康増進課窓口または郵送で申請ください。後日書面で交付します。

申請に必要な書類

(1)新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書

        pdfファイル「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書」をダウンロードする(PDF:75kB)

   pdfファイル「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(ポルトガル語)」をダウンロードする(PDF:245kB)

(2)海外渡航時に有効な旅券(パスポート)の写し 

 ※旅券番号が記載されたページの写し

(3)接種記録書の写し または 接種済証の写し

 ※「接種記録書」は医療従事者等の方や職域接種などで接種券が届く前に接種された方がお持ちです。

 ※一般接種の方は接種券台紙の右側部分の「接種済証」の写しが必要です。

(4)本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証等)

(5)返信用封筒 

 ※宛先・宛名の記入と切手(定型封筒であれば84円)の貼付をお願いします。

 ※窓口にて受け取り希望の場合は不要です。

(6)場合によって必要な書類

 ※旧姓・別姓・別名の確認書類(旅券に旧姓等の記載がある場合のみ)

  旧姓併記のされた運転免許証、戸籍、住民票の写しなど

 ※委任状(代理人による請求の場合、本人自署による委任状が必要です)

pdfファイル「委任状」をダウンロードする(PDF:63kB)

 

<郵送で送付される場合の郵送先>

〒694-0064 大田市大田町大田ロ1111

 大田市役所 健康福祉部健康増進課 新型コロナウイルスワクチン接種対策室 宛

交付方法・交付時期

返信用封筒での郵送により書面交付いたします。希望される場合は窓口での受け取りも可能です。

申請書を受理した日から約1週間程度で交付します。

接種証明書の制度に関する問い合わせ

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話:0120‐761‐770(受付時間 9:00から21:00)

日本国内での接種証明について

日本国内では、新型コロナウイルスのワクチンを接種した方は、以下の接種済証等により、接種済みであることを示すことができます。

(1)医療従事者等の方や職域接種などで接種券が届く前に接種した方

   「新型コロナワクチン接種記録書」

(2)上記以外の方

   「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」

    ※接種券の台紙の右側部分に付属しています

ご注意ください

※ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。

※接種証明書を所持しないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。

※接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、最新の状況を以下の外務省のホームページにおいて随時公表しています。

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(外部サイト)